グリムゼル試験場(GTS:Grimsel Test Site)ホームページへようこそ!

グリムゼル試験場の概要紹介

グリムゼル試験場(GTS)は、1983年にスイスの放射性廃棄物処分実施主体であるNagraにより建設され、1984年より約30年の期間にわたって、放射性廃棄物処分プロジェクトを広範囲に支援するための地下研究施設として運営されてきました。

グリムゼル試験場は放射性廃棄物処分プロジェクトを推進するための研究開発施設であり、実際に放射性廃棄物の処分する際の候補地になることはありません。グリムゼル試験場は処分場に類似した地下環境を有しており、現実的な条件下で処分施設開発、方法論の検討、およびモデル開発に貢献する研究開発を行っています。また、放射性廃棄物処分に係わる放射性核種を用いた試験を実際の岩盤中で実施することができる世界でも数少ない試験場です


Grimsel Test Site - Spinning World

ヨーロッパの心臓部に位置するグリムゼル試験場で約30年以上続けられてきた各種実験では、世界各国からのパートナーがここに集結し、国際共同研究を実施することを通して知見を共有することに一つの焦点を置いています。

Grimsel Test Site - Global Partners世界中からパートナーが参画しています!

 

The GTS underground facilities are also available to interested 3rd parties for underground testing and research. The GTS offers cost-effective access to a fully developed, well characterised underground research facility with round the year logistical support - please contact Dr. Ingo Blechschmidt, Head of the Grimsel Test Site, for further details.